出前館 配達員向け

出前館 東京エリア|業務委託配達員は稼げる?報酬の仕組み、人気エリア、登録方法を紹介!

フードデリバリー業界において、現在、最も稼ぎやすいとされているのが出前館

全国規模でサービス展開し、中でも関東地方ではUber Eatsに迫る勢いで日々、成長を続けています。

今回の記事では東京における出前館の配達員(業務委託)のシステムから報酬、登録方法、エリアの詳細について解説していきます。

※こちらの記事では主に業務委託配達員について紹介しています。

現在、出前館では東京都内で料理を運ぶ配達員を募集しています。

東京といえばUber Eatsがシェア1位ですが出前館はそれに次ぐ位置付けで、23区内では特に稼ぎやすくなっています。

東京で出前館の配達員として働きたい
掛け持ち用として登録しておきたい

こういった方は特におすすめです。

配達員スタートキャンペーン実施中!


東京・神奈川・埼玉・千葉エリア限定!

初めて出前館の配達員に登録した方限定で報酬単価が30%増額されるキャンペーンを実施しています。

※期間は6月30日まで

通常の715円→950円

さらにブーストが上乗せされるので、配達一件あたりの単価は2000円を超えることもあります。

どこの配達員で働こうか検討している方はこの機会に出前館に登録しておいてください。

関連記事:出前館配達員の登録方法と働くまでの流れ~必要書類、所要日数は?

出前館ってどんなサービス?

出前館とはスマホから街中の様々なお店の料理を手元に届けてくれるフードデリバリーサービス

長らくポータルサイトという形で運営し、そこに各お店が出店するという形を取っていましたが、2016年頃からは自社で配達員を雇って配達業務を開始。

2020年からは業務委託配達員を増やし続け、現在のシステムになりました。

そんな出前館の最大の魅力はお得なキャンペーンが日々、実施されているいうこと。

料理の代金が割引されたり、一定額以上の注文で配達料金が無料、商品1つの代金で2つが貰えたりと、注文者にとっては魅力的なものばかりとなっています。

実施されるキャンペーンは基本的に注文者向けの内容になっているのですが、これは配達員として働く上で非常に重要です。

出前館に限らず、配達員として稼ぐためには配達件数を積み上げていく必要があるのですが、注文が来ないことには始まりません。

出前館では常にお得なキャンペーンを実施していることもあり、春秋の稼ぎにくいとされる時期でも一定の注文が入ります。

出前館・東京都内の配達エリア

出前館の東京都内の配達エリアは以下のとおり。

配達エリア

23区内:足立区、板橋区、江戸川区、大田区、葛飾区、北区、江東区、品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、墨田区、千代田区、世田谷区、台東区、中央区、豊島区、中野区、練馬区、文京区、港区、目黒区

その他エリア:青ヶ島村、昭島市、青梅市、大島町、小笠原村、清瀬市、国立市、神津島村、小金井市、国分寺市、小平市、狛江市、立川市、多摩市、調布市、利島村、西多摩郡、西東京市、八王子市、羽村市、東久留米市、東村山市、東大和市、日野市、福生市、府中市、町田氏、御蔵島村、三鷹市、三宅島、武蔵野市、武蔵村山市

※当初は限られたエリアのみでスタートしましたが、今や東京都のほぼ全域から注文できるようになりました。

注文が集まるのはやはり23区内

エリア問わず多くの加盟店が集まっており、配達員にとっては重要なエリアとなります。

出前館・東京エリアの営業時間と注文数

東京都内における出前館の営業時間はエリアによって朝7時~夜12時、朝9時~夜9時の2つのパターンに分かれています。

この時間内であれば、いつでも好きな時に稼働することができます。

朝7時~夜12時エリア

イオンモールむさし村山、学芸大学/三軒茶屋、蒲田、錦糸町、錦糸町、三鷹、小平、上板橋/池袋、新馬場/品川、大島、日野、入谷、白山/上野、八丁堀、目白/新宿、立川

朝9時~夜9時エリア

高円寺、練馬、世田谷、国分寺

他エリアと比べてもサービスの成熟度が高く、大半のエリアは朝7~夜12時の時間帯で営業しています。

報酬を増やしていくなるとお昼と夜のピークタイムの稼働が必須となりますが、一ヵ月で数万円で構わないのであれば、空いた時間に稼働するという働き方でも十分に可能です。

出前館配達員の特徴

出前館配達員の特徴について紹介していきます。

基本的な仕事内容こそ他社と同じですが、出前館ならではの独自のシステムがいくつかあります。

差配システム

出前館の特徴といえば何といっても差配システムです。

例えばウーバーイーツの場合、オンラインにすると近くのお店から呼び出しが鳴りますが、出前館は注文が入ると一覧で表示されていき、配達員が早押しで取っていくスタイルです。

この段階で表示されるのはお店と注文者の住所、そしてお届け時間。現在の場所と時刻を考慮し、「行けるのであれば取る」というのが基本となります。

ポイント

現時点では配達報酬は距離に関係なく一律なので、基本的に短距離配達になるチェーン店が人気です。

特に準備が早かったり、超近距離配達になるマクドナルドは誰もが欲しい案件でもあるので、いかに早押しで勝てるかが重要になります。

また、出前館では注文を受けた後も一覧に表示されている注文を新たに取ることができます。

現状の配達終了時刻を考慮したり様々な配達ルートをイメージすることで、効率よく報酬額を伸ばすことができます。

最大3件までストックすることができるので、土地勘のあるエリアだと、より効率よく立ち回ることができます。

システム変更

6月下旬より、全国のエリアで現状のシステムからウーバーイーツのように自動的に各配達員に振り分けられるシステムに移行することが発表されています。

これまでの全配達員による早押しから、お店周辺にいる配達員数人に振り分けられるシステムになります。

※早押し要素はかなり薄まるので、より安定して稼ぐことができると予想されています。

通知ボタンの存在

注文を受けると通知ボタン(通称ゴング)というものが表示されるのですが、これを押すとお店に「間もなく到着します」という通知が届きます。

お店に到着する5~10分前を目途に押すのが一般的です。

このボタンを活用することで、受け取り時刻を多少なりコントロールすることができます。

出前館で稼働していく上で最も避けたいのが、受け取り時刻を過ぎても料理が出てこないというパターン

当然、完成するまで待たなければならないのですが、この間は報酬は発生しないのはもちろん、次の配達にも影響を及ぼします。

「いかに待たずに料理受け取るか」は出前館で稼ぐ上で重要な要素になってきます。

マクドナルドに関してはこの通知ボタンによってお店に知らせることになっています。

現金対応と返金方法

現金払いの注文者を受け付けるかどうかは各配達員が選ぶことができます。

Uber Eatsと同じシステムになります。

現金対応を受け付けることで一覧で表示される案件が増えるので、配達は重ねやすくなります。

年々、クレジットカードやPayPay等で事前に決済を済ませる方が増加しているものの、現金支払いの注文者は一定数おられます。

この現金払いに関して注意したいのが、受け取った現金の返金方法です。

ウーバーイーツでは受け取った金銭は報酬として受け取り、超過分をクレジットカードで返金することになっているのですが、出前館では翌々日の夜までにコンビニ決済で入金するシステムになっています。

※金・土・日は火曜日が期日になります。

※入金方法の詳細は登録後に現金受付への切り替えが完了したタイミングで届く案内メールで確認できます。

入金が面倒に感じるかもしれませんが、配達件数が大きく変わってくるので現金対応されることをおすすめします。

※以前までは登録拠点に出向いて精算する形を取っていましたが、2022年春より変更となりました。

配達に必要なもの

必ず必要になるのはスマホ、配達車両、配達バッグの3点になります。

本格的に稼働するならば、モバイルバッテリーやスマホホルダーは必須ですし、可能であればバッグの中で料理を固定する緩衝材(サバイバルシートがおすすめ)も揃えておきたいところです。

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

関連記事:ウーバーイーツ、出前館の配達員として働く上で必要なものと用意した方がいいもの

特に汁物はお店によっては梱包が緩いことがあり、少し傾けるだけで溢れる危険があります。サバイバルシートは個人的に用意していただきたいです。

なお、出前館では他社の配達バッグの使用が認められていますが、使用に際してはロゴを隠す必要があります。

現状は他社のロゴが見えなければOKとされています。マジックで塗りつぶしたり、テープ等で隠すようにしてください。

身だしなみ

業務委託配達員は基本的に服装は自由です。

厳密には短パンやサンダルでの配達は禁止されていますが、それ以外に関しては特に決まりはありません。

とはいえ、食品を取り扱う以上は最低限、気を配りたいところではあります。

直接雇用配達員とは違い、制服の着用義務はありませんが、お店で商品を受け取り時、注文者へのお届けする際は赤い公式キャップの着用が定められています。

出前館配達員の仕事内容

出前館配達員の仕事内容は他社とほぼ同じで、配達アプリ内で全て完結します。

その配達アプリも非常にシンプルな作りになっているので、既にUber Eats等で働いている方は何の問題もなく稼働することができるはずです。

配達員用アプリは以下のアイコンになります。

※レビューが異様に低いですが、特に気にする必要はないと思います(笑)

手順1.

配達アプリを起動し、「ログイン」と書かれたボタンを押し、配送手段の選択をします。

「バイク」、「自転車」の二択になっているので、配達員登録時に届け出ていた車両を選び、「業務開始」ボタンを押します。

 

手順2.

「オファー」と書かれた下に注文案件が表示されていきます。

ここにはお店と注文者の場所、お届け時間が表示されているので、確認した上で受けるか判断します。
※早押し制なので、人気店や短距離案件は早めに取るようにしましょう。

手順3.

受け取り時間が近くなってきたら、お店へ向かいます。
その際、通知ボタンを押して、間もなく到着するという旨を知らせます。

手順4.

お店の方と注文番号、商品の内容を確認して受け取ります。

手順5.

「配達開始」ボタンを押して注文者の元へ配達します。

手順6.

商品を渡したら「完了」ボタンを押して終了です。

基本的な流れはこのようになっています。

※何度も紹介していますが、現在は配達する注文案件は早押しによって他の配達員と取り合う形になっています。

早い者勝ちになっているので、受ける際は素早く判断してボタンを押す必要があります。

6月下旬より、新システムを導入することが発表されています。

近くの配達員数人にのみ通知を送り、その中で早押しで取るというシステムになります。

これまでは明らかにお届け時刻に間に合わないにも関わらず、むやみやたらに注文を取ったりと顧客やサービスのことを考えていない方が多数おられました。この新しいシステムへの変更は個人的には賛成です。

出前館・東京エリアの報酬単価

出前館配達員の東京エリアの報酬単価は以下のようになっています。

1件あたり715円

他地域よりも単価は高くなっています。

クエストはなし

出前館の報酬形態は非常にシンプルで、Uber Eatsのようなクエストはありません。

配達員スタートキャンペーン実施中!


東京・神奈川・埼玉・千葉エリア限定!

初めて出前館の配達員に登録した方は6月30日までの期間中、報酬単価が30%増額されるキャンペーンを実施しています。

通常の715円→950円

さらにブーストが上乗せされるので、配達一件あたりの単価が2000円を超えることもあります。

是非この機会に登録しておいてください。

登録方法はこちらの記事で詳しく解説しています。

関連記事:出前館配達員の登録方法と働くまでの流れ~必要書類、所要日数は?

ブースト制度

出前館ではピークタイムを中心にブーストというものが用意されています。

ブーストが発生している時間帯は報酬は増額され、効率よく稼ぐことができます。

ブーストの値や時間帯は拠点によって異なりますが、基本的に夏や冬の配達員が不足しがちな時期のピークタイムは高くなる傾向があります。

東京の主要エリアではピークタイムは配達員が不足気味になっており、ブーストが高めに設定されています。

特にディナータイムの17時から19時の間は春秋でも2倍近く、夏や冬になると3倍になることも少なくありません。

通常が715円なので、配達を1件するだけで2000円超。
1時間に3件重ねると時給が6000円を超える計算になります。

このブーストは出前館が稼ぎやすいとされる大きな要因でもあり、そのおかげもあって一ヵ月で数十万以上稼がれる方も多数おられます。

報酬の支払い日

日々の配達で稼いだ報酬は月に2回に分けて振り込まれます。

上旬(1~15日)は毎月20日前後、下旬(16~末日)は翌月の5日前後に指定した口座に振り込まれます。

なお、それぞれが祝日や土日が絡んでくる場合は銀行の翌営業日に振り込まれます。

出前館に関しては振り込み手数料や最低支払い金額のようなものはなく、配達1件分、僅か数百円の報酬であっても振り込まれます。

出前館配達員になるための資格・条件

出前館の配達員になるための資格・条件は以下の3つ。

・18歳以上
・顔写真付きの身分証がある
・配達車両がある

基本的に18歳以上で配達車両をお持ちであれば、どなたでも配達員登録を行うことができます。

出前館の場合、18歳の誕生日になれば登録可能になるので、高校生でも働くことができます。

年齢の上限も特に定められていません。
健康状態に問題がなければ何歳でも働くことができます。

外国籍の方は永住者、配偶者、在留資格があれば登録できますが、就労時間に制約がある留学生は登録不可となっています。

配達車両

配達に使える車両は以下から選択することができます。

・自転車
・原付バイク(125cc以下)
・バイク(125cc超)、軽自動車(いずれも事業登録済み車両に限る)

自身が所有している車両はもちろん、レンタル車両も許可されています。

東京都の拠点と各エリア

東京エリアでは下記の拠点で配達員を募集しています。

自身が稼働するエリアの管轄拠点を確認しておいてください。
※配達員登録の手順の中で選択することになります。

以前と比べると拠点も増え、エリアは細分化されましたが、複数拠点への登録も認められるようになりました。
例:学芸大学/三軒茶屋拠点と目白/新宿拠点など

学芸大学/三軒茶屋拠点

主な配達エリア:渋谷駅周辺、三軒茶屋、池尻大橋、自由が丘、大岡山、田園調布、等々力、二子玉川周辺

蒲田拠点

主な配達エリア:下丸子、鎌田、大鳥居、雪が谷大塚、久が原、田園調布、大森周辺

錦糸町拠点

主な配達エリア:秋葉原、御徒町、豊洲、門前仲町、月島、勝どき、押上、錦糸町、浅草橋、亀戸、八広周辺

高円寺拠点

主な配達エリア:荻窪、高円寺、幡ヶ谷、池尻、富ヶ谷、笹塚、初台、中野坂上、阿佐ヶ谷、下北沢、野方周辺

練馬拠点

主な配達エリア:練馬、桜台、江古田、練馬富士見台周辺

上板橋/池袋拠点

主な配達エリア:池袋、大塚、巣鴨、駒込、飯田橋、小竹町、要町、赤羽、王子、板橋、高島平、十条周辺

新馬場/品川拠点

主な配達エリア:品川、高輪、白金台、五反田、大森、大崎、大井、小山、中延、戸越、東雪谷周辺

祖師ヶ谷大蔵/世田谷拠点

主な配達エリア:世田谷、祖師ヶ谷大蔵、仙川、千歳鳥山、経堂、調布、八幡山、下北沢、松原、桜上水、上野毛、豪徳寺、等々力、玉川、用賀、若林、代田、梅丘、奥沢、成城周辺

大島拠点

主な配達エリア:一の江、小岩、端江、西葛西、東大島、亀戸、住吉、南沙周辺

入谷拠点

主な配達エリア:仲御徒町、新小岩、柴又、亀有、京成金町、鶯谷、南千住、北千住、千駄木、西日暮里、高砂、町屋周辺

白山/上野拠点

主な配達エリア:上野、浅草、神保町、白河周辺

八丁堀拠点

主な配達エリア:銀座、三田、神田、大門、八丁堀、日本橋、虎ノ門、永田町、丸の内、芝、有楽町、新橋周辺

目白/新宿拠点

主な配達エリア:渋谷、新宿、歌舞伎町、新宿三丁目、赤坂、千駄ヶ谷、大久保、表参道、麻生十番、六本木、代々木、高田馬場、早稲田、落合周辺

出前館の配達員登録の手順

出前館の配達員登録は以下の手順で進めていきます。

手順1.

出前館の公式サイトで申し込む

>> 公式サイトはこちら

手順2.

自身の情報を入力する

手順3.

研修動画の視聴、理解度チェックテストを受ける
審査を受け、通過後にオンライン研修(資料をチェックするだけで終わります)

手順4.

必要書類をアップロードする

手順5.

オンライン面談

手順6.

LINEグループに参加

手順7.

拠点でキャップを受け取る

手順8.

ログインIDとパスワードを受け取る

以上になります。

手順は細かく分かれていますが、登録にあたって難しいことは特にありません。
登録完了までの所要日数は短くて1週間、長くても10日ほどで終わります。

登録手順をCHECK

書類提出で不備があると、2週間以上掛かることがあります。

不安な方は下記の記事を見ながら進めていってください。

関連記事:出前館配達員の登録方法と働くまでの流れ~必要書類、所要日数は?

配達員に登録するまでの手順を詳しく解説しています。

出前館・東京エリアのまとめ

配達員まとめ

1.注文件数が多い
2.単価が高い
3.効率良く稼げる

Uber Eats、menu、woltそれぞれに優れた部分がありますが、月に30万円以上の高額報酬を狙うならば出前館がおすすめです。

関東では一ヵ月で100万円以上稼ぐ方が何人も出てきています。

高単価なので少ない配達件数でも十分な報酬になりますし、クエストに追われることもないので副業、専業どちらにも適しています。

他社で配達員として稼働している方、新たに配達員に登録したい方など、これを機に出前館の配達員に登録してみてください。

登録はこちらから

>> 出前館公式サイト

登録方法の詳細はこちらの記事をご覧ください。

関連記事:出前館配達員の登録方法と働くまでの流れ~必要書類、所要日数は?

出前館の配達員として働きませんか?

出前館 配達パートナー募集

今から配達員として働くなら出前館がオススメ!どこよりも高単価で、注文数が激増中!好きな時に自分のスタイルで働くことができます。

-出前館, 配達員向け

© 2022 フードデリバリー配達員ガイド