DiDifood(DiDiフード) 配達員向け

DiDifood大阪|DiDiフード配達員は稼げる?報酬の仕組み、登録方法を紹介!

DiDifood(ディディフード)の国内最初のエリアでもある大阪

今でこそ福岡や愛知、宮城といったエリアにまでサービスを拡げているDiDiフードですが、既存エリアの中でも加盟店、注文数が最も多く、他エリアを圧倒しているのが大阪でもあります。

今回の記事ではDiDifood(ディディフード)大阪の配達員の仕事内容、報酬システム、他社にはない魅力や配達エリアについて紹介していきたいと思います。

・大阪でDiDiフードの配達員として働きたい
・掛け持ち用として登録しておきたい
・Uberの報酬引き下げで収入が減った

こういった方には特に参考になる内容となっています。

現在、大阪では配達員を大々的に募集しています。

他エリアでは十分とされていますが、大阪に関してはUber Eatsや出前館といった競合サービスに押される形で、配達員が足りていないのが現状です。

効率良く稼ぎたいという方は是非とも検討されてみてください。

こちらの記事では配達員に関する情報を記載していますが、すぐにでも登録したいという方はこちらから進めていってください。

>> 公式サイトはこちら

配達員の登録手順に関しては下記の記事で詳しく解説しています。

関連記事:DiDifood(DiDiフード)配達員の登録方法と働くまでの手順〜実際に稼げる?必要な物、所要時間は?

大阪の加盟店や営業時間などの注文者に関する情報は下記の記事で紹介しています。

関連記事:【DiDifood大阪】DiDiフードの配達員、クーポン情報~サービスエリア、加盟店、営業時間は?

DiDifood(DiDiフード)が大阪で配達員を募集中

DiDifoodでは大阪府内全域で料理を運ぶ配達員を募集しています。

配達エリアは南は堺市、東は東大阪・八尾・柏原、西は尼崎手前の西淀川区、北は高槻・枚方と広範囲に及びます。

上記の範囲内にお住まいであれば、配達員として働くことができます。

ポイント

南部に関してはまだまだ対応していない地域が多いですが、サービスエリアまで行けるのであれば、問題なく稼働することができます。

国内では最初にスタートしたエリアということで、サービス面でも最も成熟しているのですが、先ほども触れたとおり、注文数は増えているのに対し、配達員は足りていません。

注文数>>配達員

中心部、郊外ともに上記のような状態になっており、注文者がやむなく注文をキャンセルするという事例も少なくありません。

管理人も実際に配達員が決まらずにキャンセルということが度々あります。 もちろん返金されるのですが、空腹のお腹は満たされません(笑)

一度でも他社で配達員として稼働されたことがある方はご存じでしょうが、これは配達員にとって最も稼ぎやすい状態でもあります。

配達に呼ばれずに途方に暮れることも滅多にありませんし、極端に注文が少ない場合を除き、配達先に着く頃になると次の配達に呼ばれます。

Uber Eats、出前館あたりはDiDifoodと同じかそれ以上に注文が多いですが、配達員も過剰に増えてしまったせいで以前よりも稼ぎにくくなっています。

ちなみにDiDifoodは他社との掛け持ちも可能です。
配達バッグも自由なので、時にUber Eatsと同時にオンラインをし、配達に呼ばれた方で運ぶといったことも可能になっています。

掛け持ち先を探している、他社に乗り換えたい、もしくはDiDifoodの配達員に興味があるという方は是非とも検討してみてください。

>> 公式サイトはこちら

DiDiフード大阪の営業時間

DiDifoodの大阪での営業時間ですが、市内中心部は朝の7時から夜の1時までと他社と同じような時間帯となります。

郊外エリアは朝8時から夜0時までとなります。

時間帯によっては注文数は多くありませんが、ライバルが少ない朝方や夜遅くまで稼働できるので、配達員にとっても自由な働き方ができるようになりました。

ただし、空いているお店はバラバラです。
空いているお店が少ない時間帯は積極的に注文が入りそうなお店の近くにいるというのがポイントとなります。

注文アプリで現在地を入力し、注文受付をしているお店が少ない場合は、エリアを変更することも時には必要になります。

ポイント

とはいえ、Uber Eatsのように近い配達員から優先して呼ばれるシステムではないので、お店の前で待つ必要ありません。詳しくは言えませんが、ある程度の距離(2km圏内)まで近づいていれば呼ばれます。

DiDifood大阪の配達エリア

DiDifood(DiDiフード)の大阪府内の配達エリアは以下のとおり。

大阪府内

大阪市・堺市・東大阪市・豊中市・吹田市・池田市・箕面市・茨木市・高槻市・枚方市・寝屋川市・交野市・守口市・四条畷市・大東市・門真市・八尾市・柏原市・高石市・松原市・羽曳野市・藤井寺市

中心部から北部、東部は積極的にエリアを拡げているのに対し、南部はまだまだ対象外になっているエリアも多く、堺市よりも南部は現時点でエリア外となります。

DiDifoodでしっかりと稼ぐとなると、上記の太字の市町村での稼働がポイントで、言ってみればサービスが成熟しているエリアでもあります。
加盟店や注文が多かったり、ドロップに走る距離も短い傾向にあったりと、稼ぐ上で重要な地域となります。

逆にそれ以外のエリアはサービスが開始して間もないということもあり、加盟店、注文数もそこまで多くありません。

八尾市でさえもまだまだ加盟店は少なく、今後の期待といったところです。

大阪市内

北区・中央区・淀川区・東淀川区・西区・天王寺区・福島区・浪速区・西淀川区・港区・大正区・東成区・生野区・旭区・城東区・鶴見区・阿倍野区・住之江区・住吉区・東住吉区・平野区・西成区

大阪市内はほぼ全域が配達エリアとなります。(此花区のみエリア外)

やはり中心にいくほど注文が多く、配達員にとっては重要な地域となります。

他社にはないDiDifood(DiDiフード)配達員の魅力

DiDifood(DiDiフード)の配達員には他社にはない特徴や魅力がいくつかあります。

1.注文件数が多い
2.ピックも報酬の対象
3.効率良く稼げる
4.保証が手厚い

現在、大阪府にはUber Eats、menu、出前館、wolt、フードパンダがサービス展開しており、東京に続くフードデリバリー激戦区でもあります。

2020年春にこれらに続く形でサービスが始まったDiDifoodですが、働く上で他社にはない優れている部分がいくつもあります。

それぞれについて見ていきましょう。

注文件数が多い

DiDifood(DiDiフード)ではサービス開始直後から様々なキャンペーンが実施されていたり、割引クーポンによって多くの注文が入ります。

キャンペーンの詳細は下記の記事をご覧ください。

関連記事:DiDifood(DiDiフード)の割引クーポン、お得なキャンペーン紹介~クーポンの使用方法と入力手順

通常、割引されるのは初回注文のみ、多くても2回目までというのが一般的ですが、DiDifood(DiDiフード)で配布しているクーポンは5~6枚がセットになっています。

注文者1人あたりの注文数が多くなることで全体の注文数も増えていき、配達員にとって稼ぎやすくなっているというわけです。

サービス開始直後や知名度の割に注文が多いと言われる所以でもあります。

ピックも報酬の対象

DiDifood(DiDiフード)は料理を受け取りに行くピックで走った距離も報酬の対象となります。

通常、お店から注文者までの距離(ドロップ)のみが報酬対象となっていることが多かったのですが、DiDifood(DiDiフード)ではピック時も報酬に含まれるので、多少の距離があっても配達を受けるメリットが出てきます。

ピック料金が報酬対象になるシステムというのは郊外でかなり有効になります。

というのも、郊外というのはお店がまばらに点在する形になるため、ピックで走る距離が長くなりがちです。

逆にお店が集まっている中心エリアは走る距離は短い傾向があります。

そういった理由から、郊外での稼働は避けられがちなのですが、ピック報酬が用意されていると、エリア内であれば中心部、郊外問わず、同じように稼げるようになっています。

配達報酬に関する詳細は後ほど詳しく解説していきます。

連続して配達に呼ばれやすい

DiDifood(DiDiフード)は、とにかく連続して配達に呼ばれやすくなっています。

料理の受け取り時や注文者のお宅に近づいてきたタイミングで次の配達に呼ばれることが多く、忙しい時間帯はこのループがひたすら続きます。

ポイント

特にランチやディナーのピークタイムは配車に呼ばれるのを待っている方よりも、配達中の配達員に優先して配車を振る傾向があります。

DiDiフードの配車システムというのは、最初に配達に呼ばれて、その後も拒否せずに配車を受けていればかなり効率的に稼げるようになっています。

実際、配達員である管理人も、10件連続で呼ばれることが何度もありましたが、その際の報酬は4800円。10件の配達に要した時間は僅か2時間で、時給換算で2400円になりました。

配車システムが合理的

DiDifood(DiDiフード)の配車システムは特殊かつ合理的で、配達に連続して呼ばれる傾向があります。

一度、配達に呼ばれると、立て続けに呼ばれる傾向があるため、待機したり無駄な時間を過ごすことなく稼ぐことができます。

他にも、2件の配達を同時に行うダブルもDiDifood独自のシステムを採用しています。

通常、ダブルというのはUber Eatsに代表されるように、同じお店に入った2件の注文を別々のお客さんに届けるというのが一般的ですが、DiDiフードのダブルというのは、お店Aで商品を受け取った後に、別のお店Bに行き、それぞれのお客さんに届けるという形になっています。

同一店舗から別々のお客さんへ運ぶ形もあります。

さらに、お店Aで受け取った後にお店B、お店Cに行き、それぞれのお客さんに順に届けていくトリプルもあります。

このトリプルも順路は様々で、お店Aでピック→お店Bでピック→注文者Bへドロップ→お店Cでピック→注文者Aへドロップ→注文者Cへドロップといったパターン等もあります。

分かりにくいルートで面倒だと思われるかもしれませんが、上記のような特殊な順路は、実はそれぞれが最短ルートだったりもします。

もちろん、配達のルートは配達アプリ上で分かりやすく表示されています。

その段階の配達ルート上に効率的に配車してくるので、30分間で3件、2時間で10件もの配達が可能になるというわけです。

とにかく稼ぎたい方、バイクの方や自転車で速く移動できる方にとっては、このシステムは有難いものになっています。

1件1件確実に届けたい、渡し間違いが怖い方は配達を拒否することもできます。

配達員への保証が手厚い

DiDiフードの配達員の補償制度はかなり手厚くなっています。

補償内容 DiDifood A社 B社 C社
退院 最大54万円 最大50万円

※実費精算

なし

※配達員が各自で加入必須

非公開
入院 最大162万円 最大47万円 なし 非公開
手術 入院中:9万円

外来:4万7千5百円

最大7万円 なし 非公開
死亡時 1200万円 最大1000万円 なし 非公開
後遺障害時 最大1200万円 最大1145万円 なし 非公開

DiDiフードに限らず、配達員をしていると、事故に巻き込まれたり、信号無視の自転車に追突されたりする可能性はゼロではありません。

どれだけ気を付けていても事故に遭う時は遭うものですが、DiDifoodではもしもの時のために手厚い保証が用意されています。

上記の保険が適用されるのは配達中の事故のみになります。
この配達中というのは、「配達リクエストの受付」から「配達完了まで」となっており、待機中の事故は適用外となります。

DiDifood(DiDiフード)の報酬の仕組み

DiDifood(DiDiフード)の報酬は基本的な配達報酬、高額稼ぐ上で重要になるボーナスクエスト、配達報酬が増額されるピークタイムボーナスなどがあります。

既にUber Eatsの配達員として稼働している方にとってはおなじみの形となっています。

それぞれについて見ていきましょう。

配達単価もUber Eatsと同程度でしたが、2021年5月にUber Eatsの報酬単価が引き下げられたことで、配達1件あたりの報酬はDiDifood(DiDiフード)の方が高額になりました。

配達員が少ない郊外ではUber Eatsの引き下げ幅は小さいため、DiDifoodとの違いはそこまでありませんが、配達単価が300円が基本線になってしまった都市部では差は歴然としています。

配達報酬の計算式

まずは基本ともいえる配達報酬で、配達が1件完了するごとに支払われます。

報酬の計算式はこのように定められています。

①基本報酬+②ピック料金+③ドロップ料金

①自転車:290円 バイク・軽自動車:300円
②自転車:45円/km バイク・軽自動車:50円/km
③自転車:45円/km バイク・軽自動車:50円/km

※本来は10%の手数料が引かれるのですが、現在は全エリアとも0円になっています。

基本報酬、ピック、ドロップ料金ともにバイク、軽自動車の方が高くなっていますが、大半の配達は400~500円の範囲に収まります。

大阪市内の中心部になるにつれて配達距離が短くなる傾向があり、単価は低くなります。
逆にお店が少ないエリアでは走る距離が伸び、単価は上がります。

バイクの方は後者でもストレスなく稼ぐことができます。

ボーナスクエスト

規定の配達回数を重ねていくとボーナスクエストというものが貰えます。

先ほどの配達報酬とは別で貰えるため、報酬を増やしたい方は是非ともクリアしたいところです。

このクエストといえばUber Eatsが一般的ですが、DiDifoodも報酬システムは同じです。

ボーナスクエストは月曜日~木曜日の4日間金曜日~日曜日の3日間で毎週実施されています。

暑い、寒い時期や梅雨時など、配達員の不足が予想されるとクエストの報酬金額は上がる傾向があります。

上手く立ち回れば時給2000円を超えるDiDiフードですが、「とにかく稼ぎたい」「報酬額を伸ばしていきたい」という方はこのクエストクリアが必須となります。

実際、多くのエリアで月に30万円以上稼がれている方がいますが、いずれもボーナスクエストをクリアしています。

ピークタイムボーナス

配達員が不足していたり、注文が殺到しているエリアにはピークタイムボーナスが発生します。

通常の配達報酬が増額されるというもので、金額が表示されているエリアで配達を行うと先ほどの配達報酬に上乗せされます。

金額こそ少ないですが、配達を重ねていくと大きな差となります。

少し足りない程度であれば100~150円で推移し、天候が極端に悪い時は最大で400円になることも。

このシステムといえば、元々はUber Eatsが最初に採用したのですが、どれだけ配達員が不足していても、特定エリアでしか発生しないという問題点がありました。

特に大阪府内は市内の北区、中央区を中心に、郊外ではまず発生しないという問題がありましたが、DiDifood(DiDiフード)は、全てのエリアでこのピークタイムボーナスが発生します。

郊外でも忙しい時は市内と同じように配達単価が上がる仕組みになっています。

DiDifood(DiDiフード)の報酬についてはこちらの記事で詳しく書いています。
関連記事:DiDifood(DiDiフード)配達員の給料、収入はどれぐらい?報酬の仕組みと各種ボーナスの詳細

DiDiフード配達員の仕事内容

DiDifood(DiDiフード)の仕事内容は以下のとおり。

ポイント

1.
配達アプリをオンラインにする

2.
配達に呼ばれたらお店に向かって料理を受け取る

3.
注文者に届ける

内容は非常にシンプル。
仕事の過程も他のフードデリバリーサービスと全く同じです。

配達アプリの使い方は若干異なりますが、1、2件配達すればすぐに慣れます。

手順1.
配達アプリで「注文受付開始」と書かれたボタンをスワイプして待機します。

手順2.
注文が入ったらお店、お届け先までの距離が表示されます。
受ける場合は「受付」ボタンをスワイプ、拒否する場合は拒否ボタンを押します。

手順3.

お店に着いたら「到着」ボタンをスワイプします。

手順4.

お店の方に、#から始まる注文番号を伝えて商品を受け取ります。

手順5.
お届け先に着いたら「到着」ボタンをスワイプし、お届け先の詳細を確認します。

手順6.
注文者に商品を渡し、「受け渡し完了」をスワイプすると配達は終了です。

先ほど、DiDiフードの場合、「配達中、注文者の元に到着するタイミングで次の配達依頼が入る」と紹介しましたが、新しい配達依頼が入るのは、上記の手順3、手順5のそれぞれの「到着」ボタンをスワイプした直後になります。

この時に次も配達するならば、「受付」をスワイプし、お客さんに商品を渡した後に次のお店まで料理を受け取りに行くという流れになります。

報酬を増やしたり、効率よく稼いでいくには、いかに続いて配達に呼ばれるかがポイントとなります。

DiDifood(DiDiフード)配達員になるための資格・条件

DiDiフードの配達員になるための資格・条件は以下の3つ。

・20歳以上
・顔写真付きの身分証がある
・配達車両がある

基本的に20歳以上で配達車両をお持ちであれば誰でも配達員に登録することができます。

なお、これは自転車で配達する方の場合で、バイクを使用する方はさらにいくつか用意する必要があります。
詳しくは下記の配達車両の項目で解説しています。

外国籍の方はこれらに加えて在留カードの提出が必須となります。
※裏面の「資格外活動許可欄」に就労可能の旨が記載されている必要があります。

配達に必要なもの

必ず必要になるのはスマホ、配達車両、配達バッグの3点になります。

厳密にはモバイルバッテリーやスマホホルダー等も揃える必要がありますが、これらさえ用意すれば配達することはできます。

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

関連記事:ウーバーイーツ、DiDiフードの配達員として働く上で必要なものと用意した方がいいもの

既にUber Eats等の配達員として働いている方は新たに用意するものはありません。

他社のバッグの使用も認められているので、掛け持ちも容易になっています。

配達車両

DiDiフードの配達に使える車両は以下の3つ中から選択することができます。

・自転車
・原付バイク(125cc以下)
・バイク(125cc超)、軽自動車(いずれも事業登録済み車両に限る)

自身が所有している車両はもちろん、レンタル車も許可されています。

なお、配達車両ごとで登録時の提出書類は異なります。

自転車の方は身分証明書のみですが、バイク等で配達される方はいくつかの書類や写真を揃える必要があります。

125cc以下のバイク

運転免許証、自賠責保険証、ナンバープレート、車両写真

125cc以上のバイク、軽自動車の使用もできますが、こちらは事業用ナンバーを取得した車両のみ使用可能になっています。

125cc超のバイク・軽自動車

運転免許証、自賠責保険証、ナンバープレート、車両写真、車検証、任意保険証書

配達に使う車両は完全に自由ですが、駐禁リスクがある都市部エリアでは自転車、走る距離が長くなりがちな郊外はバイクの方が適しています。

大阪でいうと、梅田、心斎橋エリアは駐禁のリスクは常につきまとうので注意が必要です。

DiDifoodの場合、配達1件で走る距離はそこまで長くないので、お店が集中しているエリアであれば自転車の方でもバイクと同じように稼ぐことはできます。

DiDifood(DiDiフード)配達員登録の手順

DiDiフードの配達員登録は以下の手順で進めていきます。

手順1.
DiDiフード公式サイトで申し込む
>> 公式サイトはこちら

手順2.
自身の情報を入力し、身分証明書などの書類の提出

手順3.
審査に受け、通過後にオンライン研修(資料をチェックするだけで終わります)

手順4.
DiDiフード大阪のパートナーハブに行き、配達バッグを受け取る

手順5.
アカウントが有効化され、オンラインが可能に

以上になります。

見てのとおり、登録するにあたって難しいことは特にありませんし、登録完了までの所要日数は短いと2日ほどで終わります。

パートナーハブは各都市ごとに設置されています。

それぞれの場所やアクセス方法、営業時間はこちらの記事で案内しています。

関連記事:DiDifood(DiDiフード)パートナーハブの各都市のアクセス方法、営業時間【大阪・福岡・兵庫・広島・京都・愛知・沖縄・宮城】

DiDiフード大阪のまとめ

日々、積極的に配達員を募集しているDiDifoodですが、時期を問わず配達員が不足気味な大阪では他社よりも稼ぎやすくなっています。

DiDiフード配達員のおすすめポイント

1.注文件数が多い
2.ピックも報酬の対象
3.効率良く稼げる
4.保証が手厚い

他社で配達員として働いている方や思うように稼げなくなった方、掛け持ちを探している方は一度、DiDifoodの配達員として稼働されてみてください。

配達員登録はこちらから
>> 公式サイトはこちら

登録手順はこちらの記事で紹介しています。
関連記事:DiDifood(DiDiフード)配達員の登録方法と働くまでの手順〜実際に稼げる?必要な物、所要時間は?

他社の掛け持ち先に選ばれることも多く、効率よく合理的な配車で効率よく稼げることから、他社から乗り換える方も多数おられます。

あなたもDiDiフードの配達員として働きませんか?

あなたもDiDifood(DiDiフード)の配達員として働きませんか?好きな時に自分のスタイルで働くことができます。
登録はこちらから
>> DiDiフードの配達員になる
↓登録方法をチェック
>> DiDiフード配達員の登録方法と働くまでの流れ〜必要な物、所要時間は?

-DiDifood(DiDiフード), 配達員向け

© 2021 フードデリバリー配達員ガイド