DiDiフードの配達員のための情報を掲載しています

DiDiフード配達員ガイド

DiDiフード配達員の情報

DiDiフード配達員の給料、収入はどれぐらい?報酬の仕組みと各種ボーナスの詳細

更新日:


DiDiフード配達員の給料、収入、報酬の仕組みについて紹介していきます。

DiDiフードの配達員になりたいけれど…

DiDiフードの配達員って本当に稼げるのかな?
給料のシステムはどうなっているんだろう?
時給はいいのかな?

こういった疑問にお答えします。

DiDiフード配達員の給料、収入はどれぐらい?

DiDiフード配達員の給料は完全歩合制。
配達した分だけ給料は増えていくのですが、丸一日、働くならば、大体9000〜13500円あたりになると予想されます。

DiDiの類似サービスで、先駆者的存在のウーバーイーツで一日で稼げる金額が10000~15000円ということを踏まえれば、サービス開始直後の段階ではこれぐらいになると思われます。

配達スピードの速さで上下しますが、一日の給料となると、この辺りが一般的です。

どれだけ稼げるかは、didiフードの注文数と配達員の数のバランスで変わり、注文数が上回ると稼げる金額は増えますし、逆に配達員が多すぎると一人あたりの報酬は下がります。

上下幅が大きいのには、こういった理由があります。
※後ほど紹介していますインセンティブイベントという名のボーナスを加算すると、さらに増えます。

関連記事:DiDiフード配達員の仕事内容

DiDiフード配達員の給料の仕組み


DiDiフード配達員の給料、報酬の仕組みですが、基本的には基本報酬インセンティブイベント(ボーナスのようなもの)の合算になります。

それぞれについて解説していきます。

下記では実際の配達員の報酬例と、時給などについても見ていきます。
完全歩合制のDiDiフード配達員ではありますが、稼いだ総額を働いた時間で割ることで時給を出すこともできます。

基本報酬

まずは基本報酬から見ていきます。

基本報酬とは、配達することで得られる報酬のことで、長い距離を走れば走るほど額が大きくなります。
計算式は以下のとおり。

①基本料金+②ピックアップ料金+③ドロップ料金-④手数料=報酬

配達員の報酬は上記が基本となり、それぞれには以下の数字が入ります。

① 300円 (内訳:受け取り料金200円 受け渡し料金100円)
② 45円/km
③ 45円/km
④ 10%

これだけだと、イメージがしづらいと思いますので、実際の配達を例に挙げて解説します。

よくある例:
1km先の店舗から呼ばれて料理を受け取り(ピックアップ)に行き、2km先のお客さんに届ける(ドロップ)

この場合、
①300+②45+③90=435-④43(10%)=392円

一回の配達で貰える報酬は392円ということになります。

なお、上記は1km+2kmの計3km走ったことになりますが、距離が延びると一回の配達で500円を超えてくることもあります。

2020年7月の東京でのサービス開始までは、上記の手数料は0円となっており、より稼ぎやすくなっています。

インセンティブイベント


インセンティブイベントは上記で紹介した基本報酬とは別で貰えるボーナスになります。

DiDiフードのインセンティブイベントは主に時間クエスト、選択クエスト、ピークタイム料金(仮)の三つ。
先ほども紹介した通り、配達員の給料は、基本報酬に、このインセンティブイベントの金額を加えたものになります。

それぞれの詳細は下記で解説していきます。

時間クエスト

時間クエストとは指定の時間内に決められた回数を配達することで追加報酬が貰えるというもの。

インセンティブイベントの中では最も報酬額が少ないですが、難易度は低く、楽にクリアできるのが魅力です。

初期の段階では、雨天時のような、稼働している配達員が少ない、注文が増えている時に用意されます。

そのため、急遽、実施されることが多いのも時間クエストならでは。

登録しておいたアドレスにお知らせとして届く他、DiDiフードのアプリ内でも確認することができます。

実施時間:
ランチタイムやディナータイムそれぞれを通しで行われます。

例:
12~13時と18~20時
12~13時と16~18時

定められた配達回数:
3~10回

報酬額:
300~1000円

実施されている時間内に上記の数の配達を完了することで追加の報酬が貰えます。

選択クエスト(仮)

配達員各自が複数日のクエストか一日限りのクエストを選択肢してクリアを目指すというもの。

名称は現時点で決まっていないので仮としています

本業として働いている方は複数日のクエストを、副業ということで稼働に限りがある方は一日限りのクエストを選ぶことで効率良く稼ぐことができます。

※これはサービス開始直後は実施されません。

ピークタイム

特定のエリアで注文が殺到している時に、そのエリアからの注文を配達することで追加報酬が貰えることがあります。

こちらは一件あたりの配達報酬にプラスする形で付与され、相場としては50~300円。

基本的には200円未満と、一件あたりの報酬額は少ないですが、回数を重ねることで一日の稼ぎは大きな差となります。

時給にするとどれぐらい?

このように配達した分だけ稼げるDiDiフード配達員ですが、時給にするとどれぐらいになるのでしょうか?

ここで先ほどの「配達1回で392円」を例に出します。

1回の配達で392円でしたが、これを1時間で何回、配達するかで時給は算出できます。
4回で1568円、3回で1176円、2回だと784円となります。

上記は合計3km走った際の報酬ですが、注文全体で見てもこれは短い距離で、1時間で3件こなすのは容易です。
注文数と配達員の数によりますが、場合によっては1時間で5件以上の配達も可能です。

このように、配達すればするほど報酬は増えていきます。

給料を増やしたいならば、配達に呼ばれやすい場所を把握し、お店に向かったり、お客さんに届ける際に、素早く動くことを意識する必要があります。

そうすることで、時給は変わってきますし、日給となると大きな差となります。

また、上記のインセンティブイベントの報酬額を合算することで、一日の給料は大きく変わってきます。
インセンティブイベントの獲得報酬額にもよりますが、基本報酬との合算で時給が2000円を超えることも珍しくありません。

DiDiフード配達員の給料の支払い

DiDiフード配達員の給料の支払いは週払いとなります。

毎週火曜日に前の週の月曜0時から日曜24時までに稼いだ報酬が指定の銀行口座に振り込まれます。
(着金のタイミングは金融機関によって微妙に異なります)

なお、口座情報はアプリ内の「ウォレット」→「残高」→「口座情報の追加」と進めていくことで登録することができます。

給料を即日受け取り

現金支払いを受け付けることで、注文者から料理の代金としていただいたお金を自身の給料として受け取ることができます。

すなわち、給料を日払いで貰えるというわけです。

働いたその日に給料を受け取ることができるので、すぐにお金が必要になった時でも安心して働くことができます。

ただ、現金での支払いが増えてくると、自身の給料以上の額が手元に入るわけですが、これは後日、DiDiに返す必要があるので、使い過ぎにはご注意ください。

まとめ

今回の記事についてまとめます。

・DiDiフード配達員の給料システムは基本報酬とインセンティブイベント
・これらの合算で時給2000円以上も十分に可能
・完全歩合なので、とにかく回数を重ねる
・給料支払いは毎週火曜日(即日受け取りも可能)

配達回数を増やし、インセンティブイベントをクリアしていくというのが収入を増やしていく重要ポイントとなります。

また、働いて間もない頃は、配達に呼ばれるエリアが分からず、思うように収入が伸びないかもしれませんが、まずは1日3件配達してみてください。

配達しているうちにコツを掴み、稼げる報酬もどんどん増えていくはずです。

-DiDiフード配達員の情報

Copyright© DiDiフード配達員ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.