DiDiフードの配達員のための情報を掲載しています

DiDiフード配達員ガイド

DiDiフード配達員の情報

DiDiフード配達員の登録方法と働くまでの流れ〜必要な物、所要時間は?

投稿日:

こちらではDiDiフードの配達員になるための登録方法を解説していきます。

登録に必要なもの、公式サイトでの入力からパートナーハブで行われる登録会の内容、実際に働き始めるまでの全ての手順を解説しています。

DiDiフードの配達員として働きたい方は参考にしてください。

配達員登録に必要なもの

DiDiフードの配達員登録に必要なものはスマホ、顔写真、身分証明書、銀行口座のキャッシュカードの4点になります。

身分証は下記の中から選択することになるのですが、基本的に顔写真が付いているものになります。

なお、バイクでの配達を希望される方は上記に加え、運転免許証、ナンバープレートの写真、自賠償保険の証書(ナンバー記載のもの)も揃えることになります。

登録に必要なものについてはこちらの記事で詳しく書いています。
関連記事:DiDiフードで働きたい!配達員登録に必要なものを紹介します

全て揃っていれば次の登録の流れへと読み進めていってください。

登録の流れと所要時間

登録から稼働までの流れは以下のとおり。

ステップ1.
DiDiフードの公式サイトで電話番号やアドレス等の必要事項を記入し、顔写真と身分証を送る
所要時間:10~30分↓ステップ2.
審査
所要時間:1~5日(新規登録者の数による)

ステップ3.
登録会場であるパートナーハブに行き、配達に関する説明と簡単な研修を受ける
所要時間:1時間

身分証送付後の審査は一定の時間がかかります。
すぐにでも働き始めたい方は、こういった事を考慮し、早めに登録しておくのがいいかと思います。

現時点で1~3日程度とされていますが、早いと当日のうちに審査通過の連絡が登録アドレスに来ます。
新規配達員の審査が殺到していると、最大で5日かかることがあります。

DiDiフード配達員の登録手順 公式サイト編

それでは登録方法について各手順ごとに解説していきます。

まずはDiDiフードの公式サイトにアクセスします。

>> 公式サイトはこちら

アクセスすると、働くことになるエリアを選択(現時点では大阪のみ)し、下部の登録をタップ。

まず初めに電話番号を入力します。

次へをタップすると、6桁のコードが届くので、書かれている番号を入力します。

続いて、パスワード、メールアドレスを入力します。

配達員として働いていると、DiDiから様々なお知らせメールが届くので、実際に使用しているアドレスを入力してください。

メールアドレスを入力し、「次へ」をタップすると、稼働エリアの確認と、配達方法(自転車orバイク)を選択します。

次の画面で利用規約、プライバシーポリシーを確認の上、同意し、再び「次へ」をタップ。
次にプロフィール写真、本人確認書類の写真を送ります。

ご覧の通り、本人確認書類の選択肢はいくつかありますが、基本的に運転免許証、マイナンバーカードあたりになるかと思います。

※パートナーハブで研修を受ける際、ここでアップロードした確認書類を持っていくことになるので、当日、持参できるものを選ぶようにしてください。

ここまで終われば、一旦は終了です。
審査通過の連絡が来るまで待ちます。

審査通過までの間にDiDiフードの配達アプリもダウンロードしておきましょう。

アプリと公式サイトは連動しており、登録手順の最初に入力した電話番号とパスワードでアプリからもログインできるようになります。

アプリ内の「お問合せ」→「よくある質問」では登録・審査や配達に関する決まり、配達料金について、DiDiフードの配達員として働く上で役立つことが書かれているので、あらかじめチェックしておくといいかと思います。

早いとその日のうちに審査通過のお知らせが入力しておいたメールアドレスに届きます。

確認書類アップロード時の注意点

本人確認書類をアップロードする際はアプリ内でも書かれてあるように、重要箇所がしっかり映るように撮影してください。
不備があると、再度、アップロードする、もしくは他の身分証を用意することになったりと、かなりの時間のロスになります。

審査落ちで、よくある原因が各身分証の、番号、有効期限、写真、氏名が見えていない、もしくは一部が見切れているというパターン。

審査するDiDiフードの方が、どのような端末を使用しているかは分かりませんが、写真を撮った段階で、全ての文字がしっかりと見えているかどうか自身の目で確認するようにしてください。

DiDiフード配達員の登録手順 パートナーハブ編


アプリでの各種入力を済ませ、審査通過の連絡が来たら、自身が稼働するエリアのパートナーハブに行き、配達に関する説明と研修を行います。

登録・研修はサービス開始前の段階では予約制となっています。

審査が終わると、登録時に入力したメールアドレスに、「研修の案内」というメールが届くので、メールに書かれているURLからご自身の都合の良い日時を選んで予約します。

なお、研修は毎日13:00、15:00、17:30から実施されており、それぞれ8人という枠が設けられています。

土日はすぐに埋まってしまうので、希望の日時があるのでしたら早い段階で予約しておいてください。

人気なのは13:00開始の部。曜日に関わらず、すぐに埋まってしまいます。
逆に17:30開始の部は比較的、空いており、予約が取りやすくなっています。

※祝日は休業

関連記事:DiDiフード大阪のパートナーハブの場所と営業時間、登録会の流れ

パートナーハブの研修で必要なもの

研修では以下のものが必要になります。

1.アプリをインストールしたスマホ
2.アプリで登録した本人確認書類
3.銀行口座のキャッシュカード

忘れた場合は研修を受講することはできません。

登録会・研修の内容

事前に予約しておいた日時にパートナーハブに足を運びます。

到着すると、エントランス入ってすぐの受け付けカウンターで登録で来た旨を伝え、あらかじめ送付していた身分証明書を提出し、本人確認を行います。

簡単な説明と、アプリでの登録、審査に通っているかの確認ですね。
それが終わればdidiフードのガイドラインの冊子を貰い、ソファーで待ちます。

通常は新規登録者1人に対し、スタッフ1人が担当する形で説明していくのですが、現在はコロナウイルスの影響で、一コマに登録者8人のみで行う形となっています。

開始時間になると、別室に向かい、研修がスタート。
基本はガイドライン冊子に書かれている内容をパートナーハブのスタッフが読んでいく形となります。

内容はDiDiフードのサービス内容、給料の計算式、アプリの使い方などで、特に難しいことはありません。

一通り終われば配達バッグの使い方とバッグ内の仕切りや緩衝材といった付属品の説明に入ります。

これが終わると、銀行口座の登録を行うのですが、4月のサービス開始までは出来ないようです。
スタートされ次第アプリ上で各自、登録していくことになります。

最後にアンケートに回答し、配達バッグを受け取り終了です。

配達員として働く

配達員の登録が終われば、DiDiフードの配達員アプリが「アクティベートが有効」となり、働くことができます。

大阪、東京ともにパートナーハブはエリアの中心地にあるので、登録が終われば、その場でオンラインにしてみるのもいいでしょう。

なお、配達で必要なものはアプリをダウンロードしたスマホ、車両(自転車orバイク)、モバイルバッテリー、配達用バッグの4点。

配達バッグは登録会が終わり次第、貸し出されますが、それ以外のものを全て準備した上で向かうようにしてください。

まとめ

登録の手順についてまとめます。

1.公式サイトで各種入力

2.アプリのダウンロード

3.審査

4.パートナーハブで研修

紹介している通り、それぞれの手順に難しいことは何もありませんが、スムーズに登録を終わらせるためには

本人確認書類は文字がしっかりと見えるように
送付後の審査は時間がかかることがあるので早めに済ませておく

このあたりがポイントになります。

すぐに働きたいのでしたら、このあたりに関して覚えておくのが良いかと思います。
登録で迷った際のお役に立てれば幸いです。

-DiDiフード配達員の情報

Copyright© DiDiフード配達員ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.