DoorDash(ドアダッシュ) 配達員向け

DoorDash(ドアダッシュ)配達員の報酬の仕組み~給料、収入はどれぐらい?


この記事ではDoorDash(ドアダッシュ)配達員の報酬、給料、収入の仕組みについて紹介していきます。

ドアダッシュの配達員として働いてみたいけれど、

本当に稼げるのかな?
配達報酬はどのようにして決まるのかな?
競合他社と比べてどうなのかな?

こういった疑問にお答えします。

現在、配達員の登録受け付けがスタートしています。
詳しい手順はこちらで解説しています。

関連記事:DoorDash(ドアダッシュ)配達員の登録方法と働くまでの流れ~必要な物と所要時間

DoorDash(ドアダッシュ)配達員の報酬、収入はどれぐらい?


DoorDash(ドアダッシュ)の配達員の報酬は完全歩合制です。
働いた分だけ、厳密に言えば配達した分だけ報酬がどんどん増えていきます。

報酬のシステムは後ほど解説していきますが、3~4時間程度の短時間で5000円前後、1日8時間働いて8000円~12000円、朝から晩までフルで働いて12000~18000円になると予想されています。

実際にアメリカのドアダッシュ配達員の報酬が日本円に換算すると上記のような金額になっており、仕組みが大きく違わなければ、同水準になるものと思われます。

なお、働く時間が長くなるにつれて上下の幅が大きくなっていますが、配達員の報酬は様々な要素によって決まるというのが主な理由です。

通常の配達1件こなすごとに貰える報酬以外にもボーナスのようなチャレンジ料金というものが用意されており、配達回数を重ねていくことで給料は大きく増えていきます。

報酬補償制度は日本でもある?

現在、アメリカにおけるフードデリバリーサービスのNo1のシェアを誇るドアダッシュですが、多くの都市では新しく登録したばかりの配達員には「報酬補償制度」が設けられています。

これは登録から〇〇日間で●●件の配達を完了すると△△円が支払われるというもので、実際に配達で稼いだ金額と△△の差額は規定の日数が経過した後に支払われます。(超過分は自身の収入として受け取れます)

それぞれの日数や件数は都市によって異なります。

なお、これは言わば配達員を確保するための仕組みで、基本的にサービス開始して間もないエリアで用意されています。

他のフードデリバリーサービスでも度々、実施されていたので、ご存じの方もいるのではないでしょうか。

日本でもこのシステムが導入される可能性が十分に考えられますが、現時点では未定となっています。

ドアダッシュ配達員の報酬システム


ドアダッシュ配達員(ダッシャーとも呼びます)の報酬は配達ごとに支払われる基本料金がベースとなります。

これにピーク料金やチャレンジ料金といったプロモーション料金を加算した金額が配達員が受け取る給料となります。

先ほど、一定時間稼働した際の報酬例を紹介しましたが、長時間になるにつれて上下の幅が大きくなるのは、このプロモーション料金によるもので、ここを上手に獲得できた場合、報酬額はかなり大きくなります。

それではそれぞれの詳細を見ていきましょう。

基本料金

ドアダッシュ配達員の報酬のベースとなる基本料金。

この基本料金は固定化されており、大きな仕様変更がない限り変更されることはありません。

距離、時間、人気度によって変わってきます。

距離

配達で移動した距離が長くなるにつれて報酬は増えていきます。
これはあらゆるフードデリバリーサービスで採用していますし、もはや説明不要ですね。

ドアダッシュに関しては1件あたりの配達で走る距離はやや長めになりますが、報酬額も他社と比べると割高になります。

長い距離を走るのが苦手な方はウーバーイーツ、出前館の方が適しています。

 時間
注文の到着時刻まで時間が迫っている注文は料金が上乗せされます。
お客さん宅に注文が届かない事態を避けるためのシステムになります。

配達を受けた方が何らかの事情でキャンセルしたり、荒天時で配達員が不足していて決まらない際に発生します。

アメリカでは、この割り増し報酬額がかなり大きくなっており、人気案件として扱われています。(お客さんからのクレームのリスクよりも旨味があるようです)

なお、この配達による遅延は評価には反映されません。

高評価をキープ

ドアダッシュでは高評価をキープすることで、効率良く稼ぐことができるため、悪い評価というのは極力、避ける必要があります。

人気
他の配達員が拒否したリクエストは徐々に単価が上がっていきます。
どこまで上がるかは拒否の回数によって決まります。

配達員にとって避けがちなお店というのはどうしても存在します。
お店がビル内にあり、ピックに手間がかかったり駐禁のリスクがある、待ち時間が異様に長い等。

このような避けられがちなお店はドアダッシュでは単価は高くなります。

逆に誰もが受けるようなお店(ウーバーイーツでいうとマクドナルド等)は自然と単価は低くなります。

プロモーション料金

次はプロモーション料金です。

プロモーション料金には「ピーク料金」と「チャレンジ料金」があり、報酬に大きな影響を及ぼします。

ピーク料金

注文が沢山発生していて配達員が明らかに足りていないエリアはピーク料金というものが発生します。
概ね1件あたり100円~400円で、先ほどの基本料金に加算されます。

メモ

ランチタイムやディナータイムの人気エリアで発生し、地図上でも確認することができます。

配達単価を上げる上で最も手っ取り早い方法でもあります。

ただし、該当エリアに一定数の配達員が確保できた場合、徐々に金額は下がっていき、最終的にはピーク料金そのものが消えることがあります。

ピーク料金が発生した場合、そこは不足気味のエリアであるということを頭に入れておくと、より沢山の配達に呼ばれやすくなります。

チャレンジ料金

チャレンジ料金とは一定期間で完了した配達数にあわせて貰えるボーナスのようなものになります。(他社ではクエストと呼ばれています)

これはウーバーイーツやDiDiフードでもおなじみですが、ドアダッシュでも用意されています。
4日間で20件~60件といった感じで、多くの件数を完了するにつれて額は増えていきます。

ちなみにウーバーイーツ等は報酬全体のうちクエスト報酬が占める割合がかなり大きいですが、ドアダッシュの場合、基本報酬そのものが高いこともあって、チャレンジ料金はあくまで「追加報酬」のような立ち位置となります。

【番外編】特別プログラム

配達員として一定以上の評価が得られると、特別プログラムに参加することができます。

ちなみにアメリカでは、評価が高い配達員はトップダッシャーというものに認定され、様々な恩恵を受けることができます。

中でも代表的なのが、「自由にオンラインにできる権利」です。

ドアダッシュでは配達員過多にならないよう、稼働時間をあらかじめ予約するシステムを採用しているのですが、評価の高いトップダッシャーはいつでもオンラインにでき、好きな時間を予約することができるようになっています。

この稼働予約制度はフードパンダが採用していますね。

日本でも採用された場合、より沢山稼ぐにはトップダッシャーになるのが大きなポイントになるかもしれません。

報酬単価は高いですし、リクエストが少なすぎる状況さえ回避できれば、十分な報酬が得やすいといえます。

時給はどれぐらい?


日本ではまだサービスが始まっていないため、どれぐらいの時給になるのかは不明となっていますが、アメリカの配達員が公開している報酬画面を確認すると、多くて18ドル(日本円で約2000円)、少ないと8.6ドル(日本円で約950円)となっていました。

とはいえ、多くは12~13ドル(日本円で1328円~1439円)で推移していたので、日本でもこの辺りが基準となりそうです。

ただし、これはチャレンジ報酬は含まれていません。
(同一人物の同じ日時の画面で確認できませんでした)

給料の支払い日

ドアダッシュの配達員の給料は週払いになっています。
毎週月曜日~日曜日に稼いだ分は翌週の中頃に登録しておいた口座に振り込まれます。

週払いというのは配達員にとっては非常に有難く、日々の配達業務のモチベーションも上がるのではないでしょうか。

ちなみに諸外国ではキャッシュレス払いのみとなっていますが、キャッシュレスがまだまだ進んでいない日本では現金による支払いにも対応する可能性があります。

その場合、代金を配達員が受け取る形になり、即日、報酬を受け取ることができます。
報酬を超える金額を受け取った場合、他社同様、クレジットカードや銀行振り込みで返納することになるとは思いますが、このあたりも現時点では未定となっています。

他社との掛け持ちで稼げる?

ドアダッシュの配達員として働くことを考えている方は、既に他社で配達員をしている方も多いでしょう。
そこで気になるのが他社との掛け持ちです。

結論から言うと、ドアダッシュは他のフードデリバリーサービスと掛け持ちがしやすくなっています。
というのも、ドアダッシュの報酬は主に配達ごとに得られる基本報酬がメインだからです。

クエストに縛られないため、ただひたすら配達数を重ねていけば自ずと収入は大きくなっていきます。

ポイント

他社のクエストにあたるチャレンジ料金もありますが、金額的にも追加報酬のようなものなので是が非でもクリアしなければならないというものではありません。

ドアダッシュとの掛け持ちでおすすめはmenu、出前館になります。
上記2社はどちらもクエストではなく配達単価がウリなので、時間的な縛りはなく自由にリクエストを待つことができます。

どちらかの配達リクエストを受けた場合はもう片方をオフラインにし、終われば再びオンラインにすることで、無駄を少なく効率良く稼いでいくことができます。

関連記事:menu配達員の登録方法と手順~登録に必要なもの、配達開始までの日数はどれぐらい?

関連記事:出前館配達員の登録方法と働くまでの流れ~必要書類、所要日数は?

逆にウーバーイーツやDiDiフードのような〇〇日間で●●件!といった複数日に跨いで行われているクエストがある場合、掛け持ちはおすすめしません。

こちらは、あちこちのサービスに手を出すよりも、いずれかに絞ってクエストクリアを目指した方が効率が上がります。

何より配達あたりの報酬が他社に比べて低い代わりに高額クエストが用意されているようなところがあるため、クリア出来なかった時の痛手はかなりのものがあります。

クエスト度外視で働くのならまだしも、稼ぐ金額にこだわるのならば、ウーバーイーツやDiDiフードとの掛け持ちは賢い選択とは言えません。

まとめ

アメリカでは独自のスーパーやキッチンを設けることで、他社との差別化に成功したドアダッシュ。
後発であるにも関わらずシェアNo1を獲得したのには、相応の理由があるようです。

日本でのサービス開始は2021年春とされていますが、日本国内ではどのようなサービス展開をしていくのでしょうか。

日本ではウーバイーツが圧倒的なシェアを占めていますが、ドアダッシュの登場で勢力図がどのように変わっていくのか?

非常に興味深いところではあります。

現在、配達員の登録受け付けが開始されています。

オリエンテーションは一部地域のみですが、今後、登録希望者が殺到することが予想されるので、興味のある方はお早めに登録を済ませておいてください。

関連記事:DoorDash(ドアダッシュ)配達員の登録方法と働くまでの流れ~必要な物と所要時間

あなたもDiDiフードの配達員として働きませんか?

あなたもDiDiフードの配達員として働きませんか?好きな時に自分のスタイルで働くことができます。
登録はこちらから
>> DiDiフードの配達員になる
↓登録方法をチェック
>> DiDiフード配達員の登録方法と働くまでの流れ〜必要な物、所要時間は?

-DoorDash(ドアダッシュ), 配達員向け

© 2021 フードデリバリー配達員ガイド