foodpanda(フードパンダ) 注文者向け

foodpanda(フードパンダ)神奈川|サービスエリアやクーポン、加盟店、注文手順をご紹介!

神奈川でも広いエリアでサービスを展開しているフードパンダ。

神奈川県内では横浜、川崎を中心に多くのお店が加盟しており、日々、沢山の注文が入る人気エリアでもあります。

今回の記事では、

・神奈川のフードパンダ配達エリア
・神奈川で注文できる加盟店
・フードパンダの注文方法
・配布されているクーポン
・神奈川で配達員になる方法

について解説していきます。

現在、フードパンダでは神奈川で料理を運ぶ配達員を募集しています。
注文数が増加傾向、さらにはパンダマートの登場などで、ますます稼ぎやすくなっています。

>> フードパンダ公式サイト

登録手順は下記の記事で詳しく解説しています。
関連記事:フードパンダ配達員の登録方法・手順|登録に必要なもの、所要時間も紹介!

神奈川のフードパンダ開始から現在まで

全国規模でサービスを拡大し続けているフードパンダ。
神奈川では2021年春にサービスが開始されました。

当初は加盟店が少なかったり、地域ごとの加盟店の数に差がありましたが、2021年秋頃からは郊外でもお店のバリエーションが増えたり、日用品などが購入できるパンダマートのオープンによって、より便利になっています。

特に横浜、川崎は他社と肩を並べるほどにまで成長しており、出前館と共に二番手を争うほどになりました。

神奈川では2022年にはドアダッシュやDiDifoodといったサービスも開始されます。 Uber Eatsや出前館と共に今後のシェア争いが繰り広げられることが予想されます。

また、フードパンダでは注文代金が安くなるキャンペーンを日々、実施しているのも魅力の一つ。
※注文アプリのトップで確認することができます。

初めての注文はもちろん、二回目以降の注文時でも使えるクーポンが用意されています。

さらに、配達料金が無料になったり、一定金額以上の注文で割引となるキャンペーンも実施しているので、日常的に使うことができます。

Uber Eatsは注文できるお店が豊富であるのに対し、フードパンダはお手軽さが魅力です。今後、お店が増えてくれば、Uber Eatsに並ぶサービスになる可能性も十分にあり得ます。

注文はこちらから

foodpanda-フードデリバリー

foodpanda-フードデリバリー

Foodpanda無料posted withアプリーチ

フードパンダ神奈川の配達エリア・地域

フードパンダの神奈川県内の主な配達エリアは横浜市と川崎市

中でも横浜市内は南北に広い地域がサービス範囲に含まれています。

特に中心部の横浜駅、みなとみらいから中華街あたりまでは多くのお店が加盟しており、注文時は悩ませてくれるはずです。

立地上、海側エリアの方がお店は充実しています。

横浜エリア

中区、南区、神奈川区、西区、港南区、港北区、保土ヶ谷区、磯子区

一方、横浜市から少し遅れて配達エリアとなった川崎市。

川崎に関しては中心部の駅前に加盟店が集中しており、横浜と比べるとまだまだ成長段階といったところです。

ただ、加盟店の密集具合だけで見れば横浜市と同レベルにまでなっており、今後のエリア拡大に期待といったところではあります。

川崎エリア

中原区、幸区、川崎区

また、神奈川のパンダマートの所在地は横浜市西区浜松町2-5となっているのですが、半径7km圏内で注文可能になっています。

北は岸根公園周辺、南は根岸~磯子間、西は今井インターチェンジの東側あたり、東は海側エリア全てが注文可能エリアとなります。

ポイント

便利で評判も高いため、配達エリアを拡大する可能性はありますが、サービス面を考えた場合、川崎あたりに2号店のような形で置く可能性が高いです。

営業時間

フードパンダの神奈川での営業時間は8:00~24:00までとなっています。

サービス開始時点としては幅広い時間帯で対応しています。

フードパンダでは注文して指定した場所に届けてもらうデリバリー以外に、お店まで取りに行くテイクアウトにも対応しているのですが、その場合も上記の営業時間と同じとなります。

この営業時間は神奈川に限らず、国内の全エリア共通となっています。 Uber Eatsのようにいずれは時間が拡大する可能性が高いです。

朝早くから夜遅くまで営業しているのですが、この営業時間はあくまでフードパンダの注文アプリのことであって、実際に注文できる時間帯はお店によって異なります。

後になって東戸塚や洋光台もサービスエリアに入りましたが、横浜や川崎と比べると注文できるお店が少なくなっています。

特に朝早くや夜遅くになると一部のお店しか受け付けていなかったり、天候が悪くなると配達員がなかなか決まらないなんてことも出てきます。

フードパンダの支払い方法

フードパンダの支払い方法は以下の4つとなります。

・クレジットカード
・デビットカード
・Apple Pay
・現金

クレジットカードは「VISA」と「Mastercard」に対応しています。

日本国内では利用者がそこそこ多い「JCB」には対応していないので、ご注意ください。

どちらにせよUber Eatsなどと比べると支払い方法は少なくなっています。

他社では一般的になりつつあるPay Pay等のスマホ決済、交通系ICに対応すれば、さらにサービス面が向上するのですが、このあたりは今後に期待といったところです。

現金払いの場合は置き配を指定することはできません。

フードパンダの配達料金

神奈川では横浜、川崎エリアを中心に利用できるフードパンダですが、注文者が支払うことになるのは商品の料金、配達手数料、少額手数料となります。

料金の内訳

  • 商品の代金
  • 配達手数料
  • 少額手数料

商品の代金に関してはフードパンダも他社と同じく、店頭で提供価格に少し上乗せした価格になっています。

独自に展開しているパンダマートはコンビニと同程度の価格帯となります。

配達手数料

基本的にお店からお届け先までの距離が遠くなるにつれて配達手数料は上がっていきます。

とはいうものの、

同じ1km未満でも、

店舗A:80円

店舗B:150円

1.5kmの距離でも、

店舗C:50円

店舗D:150円

といった具合にお店によって変動しています。

神奈川の場合、やはり横浜市、川崎市中心部だとお店が密集しており、多くのお店が安い配達手数料で注文することができます。

フードパンダの配達手数料で特筆すべきなのが、最大値でも400円前後だということ。

他社だと4km、5kmと距離が長くなると500円以上の配達手数料がかかることがあります。

こうなると、近隣のお店から選びがちですが、フードパンダではこの場合でも400円になっているので、遠くのお店であっても手軽に注文することができます。

新エリアや自宅周辺にお店が少ない郊外の方にとってみれば、このシステムは非常に有難く感じるはずです。

ちなみにフードパンダにはUber Eatsのようにサービス手数料はないので、支払い金額もそこまで上がることはありません。

Uber Eatsでは代金の10%がサービス手数料として加算されます。

少額手数料

サービス手数料がない代わりにフードパンダでは少額手数料というものが存在します。

少額手数料とは商品の代金が1000円未満の場合、1000円までの差額分が手数料として加算されるというもの。

例えば700円の商品を注文した場合、300円が少額手数料になります。

同じ1000円を支払うならば、手数料よりも商品の方が良いので、価格によっては商品にトッピングをしたりサイドメニューを追加で注文した方がお得になります。

パンダマートについては通常の加盟店とは異なり、1500円以上の注文で利用することができます。

フードパンダの割引クーポン

フードパンダでは神奈川県内の注文時に割引されるクーポンが配布されています。

まず最初に使うことになるのが初回クーポンで、これは3枚のクーポンがセットになっています。

1回あたりの注文で使えるのは1枚のみですが、3回目までの注文で割引が適用されます。

クーポンは神奈川だけでなく、他エリアでも配布されていますが、タイミングによって割引される金額は変わります。あらかじめ注文アプリのトップで確認しておいてください。

2021年12月時点の割引額

2200円OFF×1枚
500円OFF×2枚

クーポンを使用するには割引コードを入力する必要があるのですが、フードパンダの場合、注文完了の直前画面で行います。

前もって入力しておくスタイルの他社と比べると少し特殊です。

商品を選ぶと、このような画面になります。

ここで中段の「クーポンを適用する」を押すと入力画面へと移るので、そこで注文アプリのトップで書かれている割引コードを入力します。

入力後、ピンクのチケットのようなものが表示されていればOKです。

初回クーポンの2200円OFFが適用されているので、価格が2625円→425円になりました。

フードパンダでは他社のように前もって入力しておくわけではないので、ご注意ください。

他にも、割引キャンペーンや特定のお店で使えるクーポン等、フードパンダでは常に何かしらのクーポンが用意されています。

お得に注文したいという方は、注文アプリをチェックして割引コードを忘れずに入力しておいてください。

非常に便利なパンダマート

数あるデリバリーサービスの中で国内で最初に独自のスーパーマーケットを取り入れたフードパンダ。

パンダマートと呼ばれており、神奈川県内では横浜市西区の藤棚浦舟通り沿い近くに設置されています。

営業時間:8時~22時30分

品揃えはかなり豊富で、食品や飲み物、生活で使う日用品まで多岐に渡ります。

商品ラインナップ

洗濯・台所洗剤、日用品、飲料、アイスクリーム・氷、菓子、冷凍食品、食品・調味料、ペット、ベビー、ビューティーケア、インバス、掃除洗剤・住居用品、キッチン用品、電化製品・電池、メンズ、ヘルスケア、文房具

品揃え的に街のスーパーのようなお店と思ってもらえればイメージしやすいかもしれません。

なお、パンダマートの初回注文に限り、1500円分がOFFになるクーポンが配布されています。

割引コード:PMFAST11

※先ほどと同じく、注文確定前の画面で入力することになります。

このパンダマート、注目すべきなのが値段が良心的であるということ。

通常、店頭のお店をフードデリバリーサービスで注文すると、割り増し料金になっているのが一般的ですが、ディスカウントショップとまではいかないものの、コンビニの店頭と同程度の価格帯となっています。

フードパンダによって直接、運営されているお店だからこそできる価格ともいえますね。

Uber Eatsやmenuでもコンビニの商品を注文できるようになりましたが、料金は店頭の3割増しになっています。

また、アメリカでシェアNo1のドアダッシュが急成長した要因の一つが、この独自運営のスーパーやレストランによるものです。(アメリカではダッシュマートと呼ばれています)

フードパンダの注文方法

フードパンダの注文方法・手順は以下のとおり。

注文手順

  • 注文アプリのダウンロード
  • アカウント情報を入力
  • 料理を選んで注文

初めて注文する方にとっては難しそうに感じるかもしれませんが、非常に簡単です。

Uber Eats等の他社で一度でも注文したことがあるのであれば、問題なく進めていけるはずです。

まずは注文アプリをダウンロードします。

foodpanda-フードデリバリー

foodpanda-フードデリバリー

Foodpanda無料posted withアプリーチ

ダウンロードが終われば、アプリを起動して届けてもらう場所を割り出します。

GPS、自身で入力することもできます。

次にアカウントを作成します。

各種情報を入力していきます。

登録はApple、facebook、Eメールが対応していますが、多くの方はメールアドレスを使っての登録になるかと思います。

メールアドレス、名前、パスワード、電話番号の順に入力するとSMSで4ケタのコードが届くので、それを入力します。

次に料理を選びます。

料理を選択すれば、届けてもらう住所を入力していきます。

ダウンロードした直後にも住所を入力していますが、ここでは住所の詳細、配達員にスムーズに届けてもらうためにメモ書きなどを残すことができます。

情報の入力はこれで終わりです。

後は配達員が届けてくれるのを待つだけです。

フードパンダの注文方法に関しては下記の記事で詳しく紹介しています。
不安な方は参考にしてみてください。

関連記事:foodpanda(フードパンダ)の注文方法|登録から料理が届くまでの手順を解説!

なお、先ほども少し触れましたが、フードパンダにはパンダマートという独自のお店があります。

日常品や食材などが店頭と同程度の価格で注文することができ、日々の生活に寄り添った存在になっています。

フードパンダの配達員登録

現在、フードパンダは神奈川県内で料理を運ぶ配達員を募集しています。

配達員登録の手順

  • 公式サイトで電話番号、メールアドレス等の入力
  • 身分証、口座情報のアップロード
  • 配達員アプリのダウンロード
  • オンライン説明会

他社と比べると、かなりスムーズです。
登録完了までは最短1日、長くても4~5日程度となっています。

ただ、オンライン説明会は一定の枠が設けられており、希望の枠が取れるかは分かりません。
すぐにでも稼働したいという方は早めに済ませておいてください。

>> フードパンダ公式サイト

配達員登録に関してはこちらの記事で詳しく書いています。

関連記事:フードパンダ配達員の登録方法・手順|登録に必要なもの、所要時間も紹介!

当初は一部の都心部の限られたエリアでしたが、現在は多くの都市でサービスが開始されています。

北海道・東北エリア

北海道、宮城県

関東エリア

東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、栃木県

北陸エリア

石川県

東海エリア

愛知県、静岡県、岐阜県

関西エリア

大阪府、兵庫県、京都府

中国エリア

広島県、岡山県

四国エリア

愛媛県、香川県

九州エリア

福岡県、熊本県、鹿児島県、大分県

フードパンダ神奈川まとめ

沢山のお店が加盟し、キャンペーンによってお得に注文できるフードパンダ。

神奈川でも早い段階から沢山の注文が入っていましたが、横浜エリア、川崎エリアでは他社と遜色ないレベルにまで成長しています。

一部の地域ではオリジナル店舗のパンダマートもオープンし、ますます便利になっています。
割引コードなども用意されているので、この機会に一度、フードパンダを試してみてください。

関連記事:foodpanda(フードパンダ)の注文方法|登録から料理が届くまでの手順を解説!

あなたもDiDiフードの配達員として働きませんか?

あなたもDiDifood(DiDiフード)の配達員として働きませんか?好きな時に自分のスタイルで働くことができます。
登録はこちらから
>> DiDiフードの配達員になる
↓登録方法をチェック
>> DiDiフード配達員の登録方法と働くまでの流れ〜必要な物、所要時間は?

-foodpanda(フードパンダ), 注文者向け

© 2021 フードデリバリー配達員ガイド